貸切バスをお得利用できる方法とは

貸切バスをお得利用できる方法とは 貸切バスは利用するとなるとある程度の費用を必要としますので、出来る限り安く利用できるようにすることが大事です。安く利用するためにも比較をすることが必要となりますが、もう一つ大事なのが、どうするとよりお得な利用が可能になるのかという事です。実は、貸切バスでは利用する方法によってお得になる場合もあれば費用がかさんでしまいお得にならない場合も出てきてしまいます。利用方法一つで料金が違ってきてしまうからこそ、お得利用できる方法を知っておくことは大事です。

貸切バスでお得利用できる方法の一つが、1泊旅行をするのならバスも宿泊してもらう方法です。1泊の場合、悩んでしまうのが宿泊中はバスをどのようにしたら良いのかです。一旦返す方法なら運転手やバスガイドの宿泊代を発生させないので安いと感じてしまうのですが、実は違っていて旅行内容によっては損をする可能性があります。貸切バスは、何時間借りるのかだけでなくどのくらいの距離を移動するのかによって料金が変わるようになります。

1泊ですと、宿泊してもらうのも一旦返すのも2日分の時間を借りる必要がありそこは大きな変化はなく、時間だけで考えると運転手やバスガイドの宿泊代分が想定外の費用になります。しかし、貸切バスは借りる時間だけが料金に関係しているわけではなく、どのくらい移動したのかの距離も関係してきますので、一旦返す方法になるとバス会社から宿泊施設までの距離分も利用料金として含まれてしまいます。

これは、バスも移動するだけで燃料代や場合によって高速料金が必要となるため仕方がありません。バス会社から宿泊施設までの距離が長ければ長いほどそれだけ利用料金がかかってしまうため、運転手やバスガイドの宿泊代を支払いしても待機してもらったほうが安くなります。ただし、バス会社が近かったり高速を必要としていない移動になると変わってきますので、見積もりを依頼する時にどちらが安くなるのかを聞いておくことがオススメです。

もう一つ安く利用するためにも大事なのが、深夜や早朝の利用は極力避けるようにすることです。時間や距離だけが料金に関係しているわけではなく、何時に利用するのかにもよって料金の変動があります。貸切バスでは、深夜・早朝運転料金が適応されることがあり、利用料金が高くなることがあります。

どのくらい利用料金が高くなるのかはそのバス会社によって違ってきますし、どの時間が適応されるのかも違ってくる場合もありますので、深夜や早朝を利用するだけでも大きな負担がかかる可能性があります。早朝や深夜に利用しなければいけない旅行なら仕方がないですが、時間的に余裕がある旅行になっているのでしたらできるだけ深夜や早朝を避けるようにしましょう。

さらに観光シーズンや土日利用を避けることもお得利用するための方法です。観光バスでは、観光シーズンや土日になると予約が殺到し忙しくなってしまう時期でもあるため、料金を高めに設定されてしまいます。予約が取れない可能性もありますが、それよりも高い利用料金になってしまいますので、安く利用すると考えた場合には、観光シーズンや土日はできるだけ避けることがオススメです。

観光バスは、便利に利用することができて一人の移動負担額を減らすことを可能としている移動手段なのですが、利用方法によっては大きく違いが出てお得になりません。1泊旅行はバスも宿泊してもらう、深夜早朝は避けて観光シーズンや土日利用を避けるポイントを把握しておくことでお得利用することが可能です。団体で利用するからこそ安くしてみなさんが納得できる旅行を計画することが幹事として大事な仕事の一つですので、安くなるプランを計画して観光バス利用をしてください。

最新ニュース