貸切バス会社との打ち合わせ

会社や学校、あるいはプライベートなどでも利用を考えることができる移動手段として、貸切バスがあります。この貸切バスは、上手く利用することができれば非常に便利なものであり、ドアトゥドアで旅行や視察、送迎などを行うことができます。

ただし、この貸切バスを利用するという場合、できれば早い段階からバス会社との間で打ち合わせを行い、当日のスケジュールについて決定をしておくのが望ましいでしょう。そこでここでは、実際に貸切バス会社との間で打ち合わせをしておくべきポイントとしてどのようなことがあるのかについて紹介します。

打ち合わせが必要になるポイントとして最初に紹介するのは「どこに行くのか」ということについてです。貸切バスは出発地点と目的地をまず設定し、その上で経由地点を設定することができるようになっています。そのため、途中でどこによっていくのか、ということについてもプランとして考えておくことになります。この際、プランは一つだけではなく、雨天の場合に行く代替地などについても考えておくのが良いでしょう。観光地によっては雨天では楽しめないものも少なくないためです。

次に、貸切バス会社との間で考えておくべきポイントとして、宿泊地についてがあります。宿泊先となるホテルや旅館について、まずはバスが駐車できる場所があるのかどうかの確認が必要となります。ある場合、有料なのか無料なのかについても合わせて確認をとっておく必要があるでしょう。

この部分というのは、実は予算に直結する要素となっています。有料駐車場の場合にはその費用は利用者持ちになる場合があります。バスの駐車場がない場合、バスを翌日利用する場合の宿泊利用ができなくなってしまうこともあるため、回送をする必要があります。その費用は高額になってしまうこともあります。そのため、無料のバス駐車場がある宿を優先して選ぶようにした方が、コストを抑えられる場合が多いでしょう。

さらに、天候に関しての決め事もバス会社との間で考えておく必要があります。旅行自体の目的となっているものが天候に左右されるものであった場合、悪天候で結構しても意味がなくなってしまいます。このように中止になってしまうような事態があった場合についての取り決めをしておく事が重要です。

別日に順延にするのか、そのまま中止とする場合についてはキャンセル料をどのように設定するのか、ということについてバス会社との間で打ち合わせをして決定しておくようにしましょう。