貸切バスでの旅行プラン

研修や旅行、送迎など、幅広い目的で使用することができる交通手段として注目を集めているのが、貸切バスです。この貸切バスは車内において自分たち以外の利用者がいないというのが大きなメリットの1つとなっており、車内での時間も旅行の時間の一部として有効に活用する事ができるのが魅力の1つとなっています。

小型のバスから大型のバスまで、利用できる貸切バスにはいくつかの種類があるため、自分たちの旅行プランに合わせてサイズを選択するのが良いでしょう。それでは、実際に貸切バスを使用して旅行プランを考える場合、どのようなプランを考えることができるのでしょうか。

最初に紹介する貸切バス旅行のプランは「道の駅を回る」というプランです。道の駅はそれぞれの地域におけるグルメなどが集まっている場所であり、それぞれの場所の魅力を堪能するのに適している場所です。しかし、電車や飛行機などを使った旅行の場合には、立ち寄ることが難しくなっています。

かと言って、自家用車での運転で向かう場合、お酒などを飲めない人が出てしまう上、運転手に対する負担も高くなってしまいがちです。その点貸切バスであれば、それらのリスクを気にすることなく、道の駅で楽しむことができるようなプランを考えることができるでしょう。これなら、気兼ねなくお酒を飲むことも可能です。

貸切バスの旅行プランとして次に紹介するのは「食べ放題」のプランが有る場所を利用するというものです。この食べ放題プランを行っているような場所というのは、種類も豊富です。例えば、農園での果物狩りのような形で食べ放題になっているようなものもあれば、港町での魚介の食べ放題などが用意されているような場所もあります。季節によって利用できるものが違っているため事前に確認をとっておく必要がありますが、旅行のメインとして考える事ができるようになっているの魅力的なものといえるでしょう。

貸切バスでの旅行プランを考える場合、日帰りプランにするのか、宿泊プランにするのかというのが重要なポイントの1つとなります。複数日にわたって貸切バスでの移動を利用したいというのであれば、宿泊込みのプランにするのが良いでしょう。

そうすれば、多くのプランを実践できる場合があります。しかしこの場合、乗務員についても部屋を確保する必要がありますが、一度回送として車庫に戻るよりも、むしろ安く利用できる場合もあるため検討候補に入れておいてもいいでしょう。